ピッグモンスターの製造をし続ける住人の日記。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

嵐の日々。
 今月は、仕事が恐ろしく忙しく
自宅に帰れる日がほとんどなかった週もあり
作業が思うように進められませんでした…が。

3連休のちょっとした時間に
短期集中してピッグモンスターをせっせと製作。








これは17日にブログをアップしようと思ったのに
忘れてしまった時に用意した写真。
忙しさのまっただ中の時です。











今朝撮影した写真。
昨日の晩にかなり増えたので乾かし中。

本当は黒豚さんとか、白豚さんとか製作しようと思ったのに
普通のピッグモンスターに夢中になり
かなり増えてしまいました。

クオリティも申し分ない、艶も形も良好な仕上がり。
何か、高い果実のような表現ですが…。



手創り市に申込もしました!
もし参加が決まれば改めてお知らせ致します。
今日からは、また別のピッグモンスターや
箱やら、小さな本やら…?

何を作ろうか、考え中です。
ワクワク。






箱の中。
 ラジオを聴いている時、誰かと電話をしている時。
誰かの話している声を聞いているときが
ピッグモンスターを効率よく生産することができます。

奴らに集中し過ぎると息切れするので、
集中力を与えすぎない方がいいみたいです。
つまり、何かの片手間のときが一番いいものが生まれます。




3個生まれたらいいな…と思ってましたが
気付いたら10個ぐらい
わさわさと机の上を歩き回っていました。






この間美術館のレジ前にて見つけた箱。
実はこれ、紅茶のパッケージです。素敵です。





?!
中に隠れていました…。






いつもだったらそんなにアクティブに動かないのに
今日はビックリしたようで、
蜘蛛の子を散らすように逃げていきました。


どうやら、私に隠れて
何かいたずらをしたようです。まったく…。


この箱はサイズが大きすぎるので
しくみの知識は拝借して、
これより小さいサイズの箱を製作して
次回の手創り市に持ち込みたいと思っています!







小さいピッグモンスターと赤ちゃん。
 前回の予告通り、
小さいピッグモンスターが生まれました。





10兄弟!
マスキングテープに乗って行進中。
くるくるっと回って
バターになってしまいそうです。






小さいピッグモンスター、
いつもおしゃべりしてしまいそうな口をしています。

今日はみんなで、何のお話をしているのでしょうか。






この間生まれたピッグモンスターは
瓶詰めにされてしまいました…。








瓶の上には…フチ子さん!?
この間買ったら、シークレットが出ました。
誰か分からない雰囲気…。これ、フチ子さん?






散らかしていたフチ子さんを
ルピシアの缶に収納しようと思ったら
入りきらずにこんな姿に…。
また新しい入れ物を考えなければいけませんね。







週末は友達の赤ちゃん、2人も会うことができました。

2人とも1歳くらいの小さな小さな赤ちゃん。
歯が生えたてで、机のフチをガジガジ。
足の裏をくすぐるとキャッキャと笑ったり。
じーっと顔を見てきたから、ちょんと頰をつついたら
ギャーっっ!と泣いてしまったり…。

私にとっては、未知の生き物です。
何よりも、柔らか過ぎて抱っこするのは本当に苦手です。




赤ちゃんはいつも足と手を見ると凄さを感じます。
あんなに小さいのに何で私と同じ姿をしているのか…。
とても、とても不思議です。








行進中。
 生まれたばかりのピッグモンスターが
今日も机の上を行進中。




後ろの方にいるピッグモンスターは
キャラメルを食べています。

やっぱり甘いものが大好き。






昨日は8匹生まれました。

そういえば、最近顔だけで生きている
あの小さなピッグモンスターを見かけませんね…。

今晩あたり、少し生まれるのでしょうか?





現在、お家作りを計画中です。










ただいま量産中。
お久しぶりの日記。

昨日、友達と2年ぶりに電話をしながら
半分乾いた粘土に水を吸わせながら
コネコネとピッグモンスターを生み出しました。



最近はピッグモンスターではないものを
粘土で作ってましたが、こねて形成するのは久しぶり。
指に吸い付く粘土の感覚が懐かしい。







久々だから顔は同じでも、
体のバランスがちょっと変化?
ピッグモンスターは、お顔や大きさではなく
ボディのバランスがとても大切。特におしりと足です。







我が家の『コップのフチ子さん』が
えらいことになってしまいました。
箱に収まるほどの数だったのに、全く入らなくなりました。







ということで、本格始動です。